私の空手の得意技は中段突きです

私の空手の得意技は中段突きです 空手の組手において私の得意技は中段突きです。カウンターと攻撃と両方においてこの技を得意にしています。カウンターはわかりやすいです。相手が出ようとした瞬間に中段を突くわけです。問題は攻撃の方なのですが、相手の懐に飛び込んで中段突きを打つのです。どうやって相手の懐に飛び込むかですが、まず、後ろ足である右足を前に寄せます。そして前足である左足を前へ大きく踏み出します。前足を前に大きく出せば出すほど飛距離を出すことができるのです。飛距離が出ると言うことは遠い間合いからでも中段を目指して突きを打つことができることになるのです。

この時、気を付けないといけないのは相手のカウンターです。いくら高速に懐への飛び込む技を持っていても相手のカウンターの餌食になっては意味がないのです。したがって相手のカウンターをうまく外して懐へ飛び込めるかどうかが勝負の分かれ目と言うことになります。この攻撃の場合の中段突きですが、足の運びが一番大事です。いかに素早く後ろ足をひきつけ前足の左足を前に突き出すかがポイントになります。これに関しては毎日何時間も練習して体に覚えさせます。無意識で技が出るところまで練習するのです。練習すればするほど速くなりポイントが取れるようになっていきます。

Copyright (C)2014私の空手の得意技は中段突きです.All rights reserved.